インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



8cmの極厚天板の存在感を気軽に楽しむ「ビックバンテーブル」

ビックバンテーブル

今回のご紹介は8cmもの厚みの天板を持つ、圧倒的な存在感の極厚天板テーブル「ビックバンテーブル」です。
名前も強烈ですが、その見た目のインパクトも凄い!これってもしかして一枚板?って思っちゃいますよね。実はこのテーブルの天板は、厚さ2cmのウォールナット無垢材を箱状に組み上げたものなんですね。外側からみると厚み8cmの極厚天板に見えるってわけです。本当にこの厚さの無垢材でテーブルを作ったら大変なことになります。金額的にも重量的にも(笑)。箱型天板にすることで比較的軽量に作ることができ、優れたコストパフォーマンスも実現しています。

アイデアだけじゃない。木目もきれいに繋がって見える大川家具系のクオリティ

アイデアは素晴らしいですが、仕上がりがイマイチだとがっかりですよね
ご紹介の「ビッグバンテーブル」は国産で、国内有数の家具産地「大川」の工場で製造されています。箱型に組み合わす時に角で木目が繋がるように斜めにカットして繋いでいます。非常に美しい仕上がりです。

ビックバンテーブル

箱型天板の角のつなぎ目の美しさに注目!(※イメージをお借りしました)

ご紹介はウォールナット材ですが、オーク材とチェリー材も選ぶことができます。(※価格は若干ですが違います。)加えて、脚も斜脚、角脚、T字脚、鉄脚の4種類から選ぶことができます。(※こちらも脚によって価格が変わります。) そして、もっとこだわりたい人には1cm刻みでサイズオーダーまで出来ちゃうそうです。さすが大川産ですね。ほとんどセミオーダーテーブルの気分です。当然、受注生産となります。6〜7週間ほどとのことですが、メーカーによっては数ヶ月待たせるところもあるので、良心的と思います。
何より、この内容でこのコストパフォーマンス。うれしくなります。
手頃な価格帯でインパクトのある国産テーブルをお探しなら、ぜひ候補に入れてあげてください。ご紹介は大川家具系の人気ショップ「インテリアストリートカンパニー」さんになります。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

ビックバンテーブル

 

-ダイニングテーブル, 大川家具