インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

別売りの壁面収納トレーを付けて楽しむビーチ無垢材のハンガースタンド

2014/05/10

ハンガースタンド

ちょっとコートハンガー系が続いていますが、今回はビーチ無垢材の楽しいハンガースタンドです。
いつも思うのですが、この家具って名前が色々あって面倒くさい時があります。ハンガーラック、ハンガースタンド、コートハンガー、パイプハンガー、洋服掛け等、結局ほとんど同じ物を差しているのですが、形状によって名前を変えた方が良い場合もあります。

今回ご紹介のような1本スタイルの場合はハンガースタンド。2本以上で支えるタイプはハンガーラックと言ったところでしょうか。インテラボではカテゴリーとしてはコートハンガーで統一することにしました。これですと1本でも2本以上でも関係ありません。まあ、どうでも良い事かもしれませんが(笑)。

機能別の木製プレートを自分で選んで付けて完成させるハンガースタンド

ハンガースタンド

※3つまで自由に選んで取付け可能な収納トレー(イメージをお借りしました。)

joystyleさんお得意のオール無垢材のハンガースタンドですが、このスタンドには楽しい「仕掛け」が付いています。
ベースになる本体だけでもビーチ無垢材とウォールナット無垢材の素材感たっぷりのハンガースタンドなんですが、平らな柱部分にパッと見わからないような小さな穴が空いており、別売りオプションの機能別収納トレー「WT」シリーズ(11種類)を3つまで選んで取り付けることが出来ます。もちろんこのトレーもビーチとウォールナット無垢材で作られています。このハンガースタンドの為に作られたかのような一体感が感じられますが、実はこのトレーは単独でも使う事ができます。

このWTシリーズのトレーは本当に良くできていて、本来ならハンガースタンドよりこっちがメインでも良いくらいの出来栄えです。
これってどうやって付いているのか気になりますが、マグネット式なんですよね。専用のマグネット付プレートを壁や今回のハンガーラックに取り付けるようになっていて、木製プレートとはマグネット脱着式で付けたり外したりが簡単にできるわけです。位置を入れ替えたりも簡単です。
掲載のjoystyleさんでは本体のハンガーラックとWTシリーズを3つ選べるようになっています。同時に購入されれば個別に送料がかからずちょっとだけお得です。

WTシリーズと組み合わせできるビーチ無垢材のハンガースタンド

 

Ads

-コートハンガー