インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

人気ブランド「シーヴ」の組み合わせ自由なユニット型カウチソファ「レクト」

シーヴ レクト ユニットソファー

北欧系のオリジナルデザイン家具で人気のブランド「シーヴ/SIEVE」から組み合わせて使えるロータイプのユニット型カウチソファー「レクト/rect」が発売されていました。早速ご紹介いたします。
インテラボでも何度もご紹介している定番の人気ブランド「シーヴ」。オリジナルの2P、3Pソファで人気ブランドとして定着してきました。本格的な大型カウチソファは今まで無かったのでは?

カウチソファと言えばサイズも大きくなりますし、当然価格も上がってきますが、例の「篩(ふるい)」にかけるというシーヴさんならではのデザインコンセプトで一味違うソファに仕上がっているようです。

単品としても成立するワイドタイプとロングタイプを組み合わせる

シーヴ レクト ユニットソファー

「レクト/rect」カウチソファは二つのソファから構成されています。横型の本体ソファを「ワイドタイプ」、カウチの方を「ロングタイプ」と呼んでいます。
一瞬ですが、まったく同じソファを縦横に並べているだけのようにも見えますが、背もたれ部分の位置と幅が全然違います。「ワイドタイプ」は横方向の幅の広い方に、「ロングタイプ」は縦方向の幅の狭い方に背もたれが付いているわけです。とは言ってもこの二つのソファ、フレームが152×88cmと全くサイズが同じなんですね。というか同じフレームを使っている(笑)。載せるクッションを変えることで単品としても使えて、組み合わせるとカウチになる二つのソファを作り上げたわけなんですね。

多彩なクッションが付属。使い分けて座り心地を調整できます。

「ワイドタイプ」には背クッションが二つと肘クッションが一つ。「ロングタイプ」には背クッションが一つと肘クッションが一つ付属しています。どちらも北欧系スタイルの木製フレームに座面・背もたれ・クッションを置くタイプですので、自由に位置を変えることが出来ます。壁際にレイアウトしていれば、背もたれの上に肘クッションを乗せて「ハイバックソファ」として使うなんてことも可能です。
また、背クッションは腰の隙間を埋めるように位置を調整すると座り心地がより良くなります。
全てのクッションがカバーリング仕様でドライクリーニング可能です。

シーヴ レクト ユニットソファー

それぞれ単品としても販売していますが、カウチソファとしてセット販売もあります。ご紹介はrecenoさんになります。掲載ページにてご確認ください。

シーヴ レクト ユニットソファー SIEVE rect unit sofa ワイドタイプ SVE-SF013W

シーヴ レクト ユニットソファー SIEVE rect unit sofa ロングタイプ SVE-SF013L

シーヴ レクト カウチソファー SIEVE rect unit sofa SVE-SF013

 

Ads

-カウチソファ, ソファ
-,