インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

レトロな北欧スタイルのガラスとチーク材のセンターテーブル

2013/12/04

repota リビングテーブル

北欧スタイルのオリジナル家具やデザイナーズ家具を提案しているRoom nextさんのセンターテーブル。Room nextさんというとおしゃれなデザインこたつが思い浮かびます。まあ、ようするにテーブル系が強いショップでもありますね。このセンターテーブルも素晴らしい出来で、いい感じのミッドセンチュリー感たっぷりの仕上がり。ガラスを囲む天板木製枠部分もゆるいカーブでレトロ感がたまりません。
repotaというシリーズになっており、他にもボード系やキャビネット系。木製ソファと「分かってる感」たっぷりのラインナップとなっています。

センターテーブルとしてはちょっと大ぶり

このrepota リビングテーブルは天板サイズが120×50で高さが49。一般的なセンターテーブルというと、ソファの前に奥くちっちゃなテーブルが普通で、それより大ぶりなサイズになっています。高さもあります。日本人がよくやるソファの前に床に直座りして座卓替わりにセンターテーブルを使うような使用法はこのテーブルでは出来ません。

その替わりにセンターテーブルとしては大きめで高さのある天板なので、ソファに座った状態でちょっとした食事やパソコン作業等をある程度普通にこなす事ができます。センターテーブルで120cm幅は結構大きめですよ。存在感のあるテーブルです。

repota リビングテーブル

Ads

-テーブル, ミッドセンチュリー, 北欧家具
-