インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

中ぐらいの高さが実は色々便利!ミドルタイプの天然木ロフトベッド

ミドルタイプの天然木ロフトベッド

今回のご紹介は二段ベッドではありません。ロフトベッドってやつです。システムベッドとも言いますね。
簡単に言うと二段ベッドの下のベッドが無いだけなんですけどね(笑)。一般的なロフトベッドは2段ベッドとほぼ同じ高さがありますから、その分、ベッド下には広大なオープンスペースが広がります。デスクも置けたりしてそれはそれで大変便利なようですね。
今回ご紹介のロフトベッドはミドルタイプ。ベッド下の空間が高さ75cmしかありません。普通のダイニングテーブルの高さが70cmです。なんとなくイメージ湧きましたでしょうか。あの位のスペースがベッド下にあるわけです。この高さですと机は入りませんね。ちょっと不便?いえいえそんなことはありません。実は色々理にかなった高さなんです。

大型ロフトベッドの下に出来ればデスクなんか置きたくありません。

普通の二段ベッドの高さのロフトベッド下には、デスクが置けるというのが売り文句のひとつになっています。約130cm高くらいのスペースがありますので実際に置けちゃうわけですが、結構圧迫感があります。そのまま立ち上がると間違いなく頭をベッド裏にぶつけます。いつもベッド裏を気にしながら「穴ぐら」に入るような気分でデスクに向かうわけです。
よほどお部屋が狭い場合が別ですが、できればこのレイアウトにはしたくないですね。もちろんロフトベッド自体が省スペースを目的に作られているわけですが、あんまりギュウギュウの生活は避けたいところです。

身も周りのアイテムをコスパ良く整理できるスペースが魅力!圧迫感もありません。

ミドルタイプの天然木ロフトベッド

ベッドの下のスペースはコスパ良く利用できます。(※イメージをお借りしました)

ご紹介のミドルタイプのロフトベッドですが、高さ75cmのスペースには大型のチェストは入りません。むしろ邪魔。低めのチェストか積み重ねできる収納ボックスなどが向いています。どれも気軽に揃えられるコスパの良いアイテムですよね。
また、このロフトベッドにはサイドにコンパクトな階段が付いていおり、それ自体も収納スペースとして使うことができます。これまたお洒落!大きな収納スペースでお部屋が整理でき、それでいてあまり圧迫感を感じないで済む適度な高さも好印象です。天井まで達するような圧迫感のあるロフトベッドはお部屋が狭く感じられてしまいます。

一般的にロフトベッドというと二段ベッドの仲間みたいでお子様向けという印象が強いのですが、このロフトベッドはシンプルな北欧系デザインで大人用として十分に使える感じがしますね。プライベードルームやワンルームにお住まいの若い独身の社会人にもオススメできると思いました。
ご紹介はsumicaさんです。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

ミドルタイプの天然木ロフトベッド

 

Ads

-ベッド