インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

テーブルに引っ掛けられる。コスパの良い北欧系ダイニングチェア「ヘンリー/Henry」

ヘンリー ダイニングチェア Henry

北欧系のダイニングチェア「ヘンリー/Henry」をご紹介いたします。正確には「ヘンリー/Henry」はシリーズ名で、ダイニングテーブルやソファ、ボード類がラインナップされており、同じテイストでコーディネートを楽しむことができます。
このダイニングチェア、なかなか北欧的で素敵なデザインです。北欧の歴史的名作チェアのエッセンスを上手に取り入れて「いいとこ取り」をしたようなバランスの良さが魅力的です。特に大きなアールの付いた背もたれ部分。ハンス・J・ウェグナーの名作チェアを彷彿とさせる美しさと機能性があります。アールの先の部分に肘を乗せることができ、アームレスチェアにも関わらずアームチェアの座り心地を楽しめるわけですね。

テーブルに引っ掛けてルンバ対応ダイニングに変身!

実はこのチェア、この背もたれアールの先端部分をテーブルに引っ掛けることができます。引っ掛ける所に貼り付けるように傷防止のフェルトまで付属しています。ダイニングチェアって普通4脚くらいありますから、これらが全て浮き上がって障害物が無くなりますと、ルンバのようなロボット掃除機でお部屋をお掃除するときに大変便利。というか、一度、この楽さを体験したらもう他のダイニングチェアは選べなくなるほどです。

ヘンリー ダイニングチェア Henry

テーブルに引っ掛けるとお掃除が本当に楽!(※イメージをお借りしました)

他メーカーでテーブル引っ掛け式のダイニングチェアって無いわけでないありませんが、すごく値段が高いか、あまりデザインがパッとしないチェアが多かった印象があります。その点この「ヘンリー/Henry」ダイニングチェアは北欧系の素敵なフォルムに加えて、コストパフォーマンスも良いということで是非オススメしたいです。

ヘンリー ダイニングテーブル Henry

イメージで一緒に写っているのが同じ「ヘンリー/Henry」のダイニングテーブルです。やさしい丸みを帯びたテーブルで、ダイニングチェアとの相性はもちろんバッチリ。センター両サイドには小さな引き出しが付いていて、テーブル周りの小物アイテムを仕舞っておけます。残念ながらオール無垢材ではありませんが、アッシュ天然木の突板を使ったコストパフォーマンスの高いテーブルです。
もし、ダイニングチェアが気に入ったのならテーブルも一緒に合わせてみてはいかがでしょう。
ご紹介は「receno」さんになります。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

ヘンリー ダイニングチェア Henry

ヘンリー ダイニングテーブル Henry

 

Ads

-ダイニングテーブル, チェア